本当に卑劣な詐欺行為と詐欺被害の実態を見た!絶対に詐欺被害をなくしましょう。

詐欺被害の実態

一言に詐欺といってもたくさんの種類があります。
その手口・被害は多種多様です。


数年前から度々ニュースで耳にする「オレオレ詐欺」などのように高額な金額を騙し取るものから、最近では「オークション詐欺」のように被害金額が少額で同一者の詐欺行為が多数認められない場合などは、警察に届出ても「揉め事」ですまされてしまい、被害にあった本人も泣き寝入りするはめになってしまう件も少なくありません。


騙されているのは高齢者だけではありません。

「自分だけは絶対に被害に遭わない」「自分だけは絶対に騙されない」「まさか自分が騙されるはずは無い」等と、根拠もないのに過信してしまっているとき、不意に訪れるものなのです。


テレビなどのニュースで、詐欺にまんまとひっかかってしまった人を見て「そんな話に引っかかるほうがおかしい」と笑っていたら、自分がいつのまにか騙されてしまった…というような話は、今現在も身近に起きている話なのではないでしょうか。


増え続ける詐欺被害を未然に防ぐにはどうすればよいか、また万が一詐欺被害にあってしまった場合にどう対処していけばよいのか、このことを少しでも多くの人に知ってもらうことが被害の減少につながるのではないかと考えます。


もしも自分が騙された、怪しいと感じたら、まずは警察へ、もしくは詐欺被害に詳しい弁護士に相談することが第一です。泣き寝入りだけはしないようにしましょう。